TOP > 会社情報 >コーポレート・ガバナンス

CORPORATE GOVERNANCE

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスの考え方

当社は英文名を「Founder‘s Consultants Holdings Inc.」(新しい価値を創造する専門家集団)と称し、社会資本整備の一翼を担う建設コンサルタント事業を中核事業として、その社会的責務の履行によって、株主、顧客、従業員の各ステークホルダーの満足度を最大限に高めることで、企業価値の継続的向上を図ることを、経営の基本方針としています。

その実現には、業務執行の迅速性、経営の透明性、事業上のリスク特定、監視・監督機能の有効性を保持・推進するコーポレート・ガバナンスの構築と実践が不可欠であると認識し、その推進に努めています。

具体的には、当社グループは持株会社体制に移行することで、経営機能と事業運営機能の分離によって効率化と有機的結合を推進しグループ力の強化を図るとともに、当社は監査等委員会設置会社として経営の効率性・迅速性を高め、加えて、指名/報酬諮問委員会の設置等によりガバナンス体制の強化を図っています。

コーポレート・ガバナンス体制
取締役会および取締役

関係法令ならびに会議規程に則り、取締役会で経営全般の意思決定を行います。また取締役会及び代表取締役社長の下に傘下グループ会社の取締役等を含む経営戦略会議を設置し、取締役会から一部権限移譲された重要事項について、迅速に執行する体制を整備しています。また、当社の取締役会は6名で構成されますが、そのうち3名を社外取締役(監査等委員)とすることで、業務執行に対する経営の透明性の更なる向上を図っています。

監査等委員会

監査等委員会は、原則として取締役会開催に合わせて開催し、監査方針、監査計画、業務分担を決定するほか、各監査等委員から、当社及び子会社の業務や財政状況の監査結果について報告を受け、協議を行います。監査等委員の監査活動は、社内の重要な会議に出席するほか、当社並びに子会社及びその主要な事業所の調査等を実施し、代表取締役その他の業務執行者に対する監査・監督を行います。

指名/報酬諮問委員会

役員の指名や報酬等の妥当性や透明性を高めるために、取締役会の諮問機関として、指名/報酬諮問委員会を設置しております。取締役(監査等委員である取締役を除く)候補者の指名は、指名/報酬諮問委員会からの審議・答申に基づき、取締役会が行っています。また、監査等委員である取締役候補者の指名は監査等委員会の同意のもと取締役会が行っています。

個別の取締役(監査等委員である取締役を除く)の報酬は、指名/報酬諮問委員会からの審議・答申に基づき、取締役会が、個別の監査等委員である取締役の報酬は監査等委員の協議により決定しています。

コーポレート・ガバナンス体制
コーポレート・ガバナンス報告書
コーポレート・ガバナンス報告書
取締役会実効性評価
取締役会は、毎年、取締役会の実効性について、分析・評価を行い、 その結果の概要を開示します。
2021年7月に実施した取締役会の実効性評価の方法及び結果の概要は以下のとおりです。

1.結論

 全体的に当社の取締役会は概ね実効的に機能していると評価されました。

2.評価の内容

【評価方法】
(1)対象者 :取締役全員(監査等委員含む6名)
(2)実施方法:2021年7月1日にアンケートを配布し、2週間後までに全員から回収。
(3)評価項目:①取締役会の構成、②取締役会の運営、③取締役会の議題、④取締役会を支える体制、⑤株主と投資家との関係、⑥その他

【評価結果の概要】
 ・当社の取締役会は概ね実効的に機能していると評価されました。
 ・取締役会の構成、運営や取締役会を支える体制について、一部改善すべき点や将来に向けて準備すべき点があるとの意見がありました。

3.今後の予定

・一部の指摘事項について、継続的な改善と将来への準備を進め、より高い実効性を目指します。
・本内容については、2021年12月に開示予定のコーポレート・ガバナンス報告書での報告を予定しています。
以上